お中元のお返しは名店のアイス珈琲

夏のご挨拶と言えばお中元、各地の百貨店やスーパーマーケットなどでは6月後半より競ってギフト商戦に突入しお盆明けを目途に一気に終息するわけですが1年のご愛顧を秘め授けるお歳暮と比較しお中元の規模はその8割程度と飛び降りる訳ですが圧倒的に著しいのが飲料、お酒含めた食品ギフトだ。
理由は一番無難だからに違いはありませんがとりわけ張り出してるのがビールギフトや飲料ギフト、それに貫くのが素麺ギフトが断固たる地位を固めておるわけで会社に届く物もお返しやる物もビールや飲料などが圧倒的に多いのではないのでしょうか。
そして近年断然注目されているのがカタログギフトたる物ですが会社に送るとなるといつの間にか不相応な気がします。
そんな事で一番無難とされる飲料ギフト、それも夏ならではのアイス珈琲ギフトなどが無難で宜しいかと思われます。
しかし損所そこらのスーパーで特売されてるボトルコーヒーでは安っぽく適当すぎのでほんのり嗜好レベルが高い老舗のアイス珈琲ギフトなどはいかがでしょうか。
昔、関西では夏場の喫茶店はサラリーマン達の溜まり場でした。
あんなサラリーマンが口を揃えて注文したのが��冷コー�≠スる飲み物、すなわち味の濃い目のアイス珈琲だったのです。
こんな私も昔は喫茶店でインベーダーゲームをしながら冷コー頼み喫茶店に居座ったものですがその時飲んだ濃い目のアイス珈琲と同じ味がギフトとして売り出されていらっしゃる。
その名は関西の老舗珈琲店として名をはせる丸福珈琲店のアイス珈琲詰め合わせセット(1L紙パック5本セット)税込、送料込みで3500円!一口飲んだらわかりますが夏場のスーパー店頭などで売られている安価なボトルコーヒーとの味わいレベルの違いに驚きます。
それもそのはず低いのは全てコーヒー飲料などのカテゴリーに分類される簡易なコーヒーなのです。
詳しくは述べれば厳格にコーヒーと表示されている商品は、その商品の100gあたりに5g以上のコーヒー豆(生豆での重量)においてありコーヒー飲料と言うのは2.5g以上5g未満のコーヒー豆において要る為味がないのです。
またコーヒー豆が2.5g未満のものはコーヒー飲料とも呼ばして貰えずコーヒー入り清涼飲料と書かれてますのでお返しなどで差しあげるのであれば是非コーヒーと記載して残るギフトをお選びください。引用