葉酸、食べ物から摂るなら、何を召し上がるべき?

妊娠初期の方に是非とも摂取して下さいのが、葉酸。緑黄色野菜等に手広く留まるビタミンB群の1つで、造血作用や細胞を創る働きを持っています。妊娠初期に葉酸が不足していると、赤ちゃんが先天性の障害を持って現れる確率が出てきます。ですので、妊娠前から葉酸を摂ることが勧められています。葉酸サプリを呑むのも大切ですが、普段の食事からも葉酸を含めるように試しましょう。

葉酸は緑黄色野菜、レバー、卵黄、海藻等に数多く含まれているのですが、むずかしい点があります。それは葉酸が熱にもろいに関してと、水溶性であるという事です。ですので、食品において要る葉酸は調理後には大部減ってしまいます。しかも体への吸収率も5割なのです。妊娠初期に、一年中に必要な葉酸は640マイクログラムだと言われています。葉酸サプリで400マイクログラム混ぜることが推奨されていますが、あとは食物で服するように努力する必要があるのです。

では、いかなるものに葉酸は数多く含まれているのでしょうか。

緑黄色野菜のほうれん草、ブロッコリー、モロヘイヤ、菜の花には手広く含まれています。また、枝豆、そら豆、大豆にも数多く含まれています。焼きのりや味付けのりは大量に取るものではありませんが、やけに手広く葉酸が含まれています。果物ではゆず、イチゴ、アボカドに数多く含まれています。肉類では鶏や牛のレバーにかなり数多く含まれています。キノコ類にも手広く葉酸が含まれていて、特にエリンギ、きくらげに数多く、乾シイタケにも多いです。卵の黄身にも含まれています。煎茶はしばしば呑むものですが、いとも手広く含まれています。

前述のように葉酸は熱に軽く、水に溶け易い性質があるので、処方箋も工夫がいります。スープや鍋物、味噌汁といった、水分も一緒に食する処方箋がすすめられています。熱によって結構減ってはあるものの、汁に溶けだした葉酸を飲みほすことによって、葉酸を混ぜることが出来るからです。また、いちごやアボカド等の果物なら、もっぱら召し上がる事が出来るので便利です。卵はゆで卵にすれば、栄養が漏れることがないですし、調理も簡単ですね。それと、煎茶はお湯に流れ出た葉酸を以て飲み下すことが出来ます。ただ、煎茶にはカフェインが含まれていますので、一年中に何杯もは飲まない方がいいでしょう。https://www.orlandobloom.nl/